2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

桜の花びらを折る。
参考にしたサイトがこちら
これが一番簡単でした。
 9までの工程で十分可愛いです。

職場の棚。
いろんなものが入っていて、目に付くので…
やっと目隠し用のカーテンをつけました。

布は以前の職場で目隠し用に使っていた布5M。
今回、5M35あるので 寸法が足りないのですが…。
カーテンレールも180cmが2つと90cmが一つ、と計3つなので、それぞれの隙間をちょっと空けて、何とか取り付けました。

それにしても、以前の職場は どんな作業をするにも道具があちこちにあったのですが…。
今の職場はそうも行かず…。

でも30分余りで、仕上げてしまいました。

ネットで作り方を見て…。
100均で 変わり毛糸を探したけれど、まだ種類も多くは無く…。

それでも とりあえず挑戦。

わかったこと~。
・毛糸はボリュームがある物の方が 作って見栄えがする。
・ゴムは始めから切らずに、ストローからはずす時に切る方が 無駄が出なくてよい(しるしをしておくなど)
・洗濯ばさみ等を使って、入り込むのを防いでおく

10分程度で完成するので、面白いですが。

 何かやろうと思ったら、そのことで頭がいっぱい。
最近の頭の中は「カードケース」と「水筒カバー」。
 
カードケースもネットで色々探した結果、簡単な作り方のものを発見。
でもそれではゴムがはさめない。
しかし、今のところその方法が一番、ということで。
私なりにゴムをはさんだ方法を考え付いた!!ここまではエライ!!

ところが情けない私の頭。
裁縫とかやっていると特に感じるんだけど。
袋を縫ったつもりが変なところに穴が開いて、肝心なところがふさがっていたり。
裏と表を一度に縫ってひっくり返すとどうなるか、って…。考えられない。

 この場合、ゴムを入れて、どのようにたたんだら良いか…。
表の生地が裏になってしまったり、下に返し口を作ったつもりが、返してみると上になっていたり…
 散々。

3個目にしてようやく「まし」なものができました。
この作り方は実に簡単!!だってゴムを仮止めするのに少しミシンを入れ、後は4回直線を縫うだけなんだもの!
今日は無理だけど、私のようにネットで検索して探している人のために、ぜひレシピを作っておきましょう。

今日の成功はこの二つ。
 緑のほうはテープの位置がちょっとおかしかったので…。
意外な場所に行ってしまうので…要注意(設計図?を作ればこんなことにはならないんでしょうけどね~)
20100211-1
これは娘行き
20100211-2



昼食を食べ、結局2時ころに実家へ出発。
途中本屋で買った本(イメージがまだありませんね)

おしゃれな手づくりシュシュ―縫ったり編んだりかんたん60アイテム (レッスンシリーズ)おしゃれな手づくりシュシュ―縫ったり編んだりかんたん60アイテム (レッスンシリーズ)
(2009/12)
不明

商品詳細を見る


毛糸のシュシュを編んでみました。
だって、売っているものって結構高いんだもの。単純なので簡単ですが、最初の目を80目、ってのは無理でしたね。

100104-1

実家には弟家族。

夕食にはお土産のフグの大皿と。
母の手作りおせちが並びました。

恒例の寒餅つき。
大寒の間につきます。
 隣に住むおじさんの家族と一緒に。
昔ながらのやり方です。
屋外で薪で火をたいて、もち米を蒸します。
一回が2升半くらい。
今回は我が家が寒餅用に2うす。白いお餅を1うす。ヨモギのお餅を1うす。
おじさんの家が白いお餅を2うす。寒餅を青のりと、白で2うす。全部で8回つきました。
最近ではお餅つきは年末とこの寒餅つきだけ。
年末にはもう少したくさんつきました。
おじさんとその息子。餅をつくのは男性の役割。ダンナと3人がかりで交代でつきます。
mochi.jpg
前日の夜に煮ておいた小豆あん。今回は500グラムです。これは実家の母が畑で作ったもの。
彼女、学校の先生を退職した後農業に目覚め、愛読書は「現代農業」です。大納言並みの大きい大豆です。
20090201221518.jpg
餡入りのおもち。緑はヨモギ入り。去年の春、ばあちゃん(姑)が摘んで冷凍しておいたもの。
こっちのお餅は丸いのです。つきたての熱いのをちぎってもんで丸めます。ちぎるのが熱いのなんの。それは最近は私の役目。

揉みたては柔らかいので、乾かして木の箱に入れます。
水分が適度に抜けますが、早めに冷凍しておかないとカビが生えます。
mochi1.jpg
寒餅用のは先ほどの餡の入ったお餅と同じ大きさの箱に一度に入れ、少し日数がたってから薄く切ります。
 ストーブの上で焼いて、おやつになります。



▼read more

 ココアシフォンケーキ。
午前中に2台。これはそれぞれに作りました。
 でも一つ目を混ぜているときにん???粉ってどこで入れるの?なんと、卵黄に入れるのでした~!!やっちゃった!!
 2台めはレシピどおりに卵黄に粉を入れて、最後にメレンゲ。さて、膨らみ具合は同じようでしたけど、中はどうかな?
 
 帰って夜2台。
16センチ型なので、え~い!!2台分の材料をまとめて作っちゃえ!!と。
これが失敗のもと。8個分の卵白が泡立たないことったら。4個分をやったほうが絶対、断然、速かった!!後悔先に立たず…。
 ハンドミキサーもくいじなーとのものがどうも荒いような気がして、古いナショナルのものを持ち出してきて、けっきょくこれも2台使って…。

 なんとかガスオーブンに入れて、焼けるのは焼けたけど明日が心配。

どんなに 道具を使ってもミーレの食洗機に放り込むんだから、後片付けは楽チン。

 大丈夫かな~!?

20080928222340

「簡単」という言葉にめちゃめちゃ弱い。
そのくせ、立体的な思考に弱いので、ここを縫ったらここがこうなって…ということは全くわかりません。想像して縫うと、口が開かなかったり、ふさがるべきところがふさがってなかったり…。

 これはよくある折りたたんで2辺を縫うだけのポケットティッシュカバー。布が意外にたくさん必要ですが(だって60センチ強必要ですよ)、あまりに簡単。あっという間にできました。

20080928222338

 これは、雑貨店「OZ(オズ)」で売っていたポーチをちょっと真似してみました。そこの部分にダーツが寄せてあって、クチュクチュっとなった感じが可愛かったのです。本当はお気に入りの布で作りたかったけど、先の理由で失敗したら無駄になるので、とりあえず試作。

 これも裏布とファスナーつけが一気に出来てファスナーの部分は表布、裏布、ファスナーと一気に縫う簡単な手法。目から鱗。
 ギャザーを寄せるのが面倒でしたが、ギャザーなしのものでは簡単そうなので、癖になりそう…。

20080926204755
作ってみました。
先日、博多の宿は東横イン。二人で8000円余り、ととても安いビジネスホテルでした。まあ1泊なので私は一向に平気です。でもちょっと我慢できなかったのがスリッパ。
 8月に出張で福山のビジネスに泊まった時もまったく同じ体験をしたので、余計そう。

 使い捨てが一番ですが、泊の価格が安いので仕方はないと思いますが、それならせめてビニルのよくあるスリッパのほうがまだ…。「洗濯できるスリッパです」とか、書いてありましたが、洗ってある?どうよ、これ?って印象を2回続けて受けました。

 …それから私の頭の中は、「スリッパを作るぞ!」ということで一杯。(染まりやすい)。
主婦と生活社から出ている「家にいるときはいるもルームシューズをはく」(青木好龍)にちょっと詳しい作り方が書いてあったので、それを購入して、布を購入して。底の部分は、布を売っている不思議な家具屋さんで人工皮革(ソファーの修理の残り)を安く分けてもらい、それを使いました。

 夕べ、一気に作りました。性格的に大雑把なので、よく見るとぼこぼこしていますが第1作にしては自己満足。フフ。
来週のお泊まりには持って行けます

20080921235231
調子に乗ってまた作ってしまいました。
今度は100鈞で輪になったゴムを買って付けてみました。

管理人

Author:管理人
元々のめり込みやすい性格ですが、ここ数年のマイブームは「韓国」。
 でも、ここには韓国ネタ以外の여러가지(色々)を書きます。

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -