2010 / 02
≪ 2010 / 01 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - - - 2010 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部咲き終わる頃には先に咲いた花が散り始め…
「満開」の時期は少ないです。
20100221-1
20100221-2

スポンサーサイト

 青山でのお食事会。
何を隠そう、私はここの料理が大好き。
どんな名店といわれても、ここのマスターの作る料理はかなりのレベルで勝っています。
まずは 手作りのゴマ豆腐。
20100213-1
お造り。タイがとても脂がのって…。さよりもとても甘かったです。
20100213-2
白身魚のカブラ蒸し
20100213-3
白身魚の焼き物(魚は忘れました…)。ソースも美味しかった~
20100213-4
サザエ。食べやすいように身は切ってあります。殻の中の出汁がなんとも美味しく、つい、飲んでしまいました
20100213-5
鴨(たぶん)のロースト。このジャガイモとアスパラも実に美味で。赤ワイン(なんだっけかな~)と、とても合いました。まさに『マリアージュ』
20100213-6
カニコロッケ
20100213-7
貝のヌタ
20100213-8
茶碗蒸し。イクラ餡
20100213-9
カキの炊き込みご飯とお漬物
20100213-10
果物
20100213-11

これは最後に参加者のお土産のケーキ。
20100213-12
8人で…
ワイン白2本、赤2本…。
1万円でした。
大満足。


 何かやろうと思ったら、そのことで頭がいっぱい。
最近の頭の中は「カードケース」と「水筒カバー」。
 
カードケースもネットで色々探した結果、簡単な作り方のものを発見。
でもそれではゴムがはさめない。
しかし、今のところその方法が一番、ということで。
私なりにゴムをはさんだ方法を考え付いた!!ここまではエライ!!

ところが情けない私の頭。
裁縫とかやっていると特に感じるんだけど。
袋を縫ったつもりが変なところに穴が開いて、肝心なところがふさがっていたり。
裏と表を一度に縫ってひっくり返すとどうなるか、って…。考えられない。

 この場合、ゴムを入れて、どのようにたたんだら良いか…。
表の生地が裏になってしまったり、下に返し口を作ったつもりが、返してみると上になっていたり…
 散々。

3個目にしてようやく「まし」なものができました。
この作り方は実に簡単!!だってゴムを仮止めするのに少しミシンを入れ、後は4回直線を縫うだけなんだもの!
今日は無理だけど、私のようにネットで検索して探している人のために、ぜひレシピを作っておきましょう。

今日の成功はこの二つ。
 緑のほうはテープの位置がちょっとおかしかったので…。
意外な場所に行ってしまうので…要注意(設計図?を作ればこんなことにはならないんでしょうけどね~)
20100211-1
これは娘行き
20100211-2



 年に一度の検診に近くの総合病院へ。

色々な機能を備えた病院になるためあちこちで工事がされている。
印象的だったのは病院内の廊下がとてもきれいだったこと…。

阪神大地震の前の年、ここで1ヶ月近く過ごしたが、病院の臭いが嫌で、それが精神的につらかった。
当時に比べ、ずいぶん色々なことが変わりつつあるとは思うけど…。

私もいつかは終焉の地を選ぶことにはなるだろうけど、その場所が快適だったらいいな~と思う。
だから、きれいな病院に生まれ変わるのは大賛成だし、そのために努力している人がいることを信じたい。

 ごっつぉ便で頼んでいた品物が一度に届き…。
かにのしゃぶしゃぶセットと実家からのシュウマイ・お酒~で。
妹さんと甥っ子を呼んで。
妹さん、おからサラダ持参。
それにインスタントチャプチェを作って。

美味しくいただきました~。
このかにしゃぶセット、かにがすでに剥いてあるってのが、なんともありがたい!!!

 『まねき猫や』の企画展。
今回は「久保田惠の着こなしマジック展」。
土日には作家さんが着ておられるとかで、「お客さんが来ないとつらい~」とねこ屋の誘いで出かけ。

まあ、なんといったらよいか。
この久保田さん、実に不思議で素敵な人。
たくさん、雑誌にも出ておられるようで…。

服も実に不思議。実に「不思議マジック」
あちこちにボタンがついていて、着方もその時の気分で変化が楽しめそう。
一貫しているのは素材がきちんとしていること。
でも、普段使いへの気配りはもちろんあり…。

昨日のカバンで出費がかさんでいるけれど友の会のカードも使ってブラウス1と羽織るものを1枚買ってしまいました。
夏のソウルにはこれを着て出かけよ~~っと!

 毎日使うカバン…。
日頃使いはどちらかというと口を閉めないタイプがお気に入りで、ついついそういうのを見つけて、風合いが変わっていると買ってしまいます。
 特に革系のものが大好き。
ネットでみつけたHerz/sunaoのコラボのバルーンバッグは、そのひとつでもあります。

 私の場合車であちこち行くだけだし、仕事に書類を持ち運びするのはやめたのでもっぱら小さめバッグで毎日事足りています。

で、困るのがお出かけの時。
最近では、かしこまったところにお出かけすることもほとんど無く、一番利便性が必要なのが旅行に行く時です。
旅行といえば、2年前は2ヶ月に一度は1泊以上していたけれど、ここのところめっきり減って…。それもこの一年を振り返れば韓国が一番多かった、って感じです。

 でも旅行先のカバンって結構重要です。
それまでは2回レスポのバッグを持っていきました。軽いし防水性もあるので一番なんだけど、便利であるはずのポケットの多さが、日頃投げ込みカバンを使っている私にはど~~も不自由です。
 つまり、どこに何を入れたかわからなくなるんです。入れる時には『よし、今度はここに入れるぞ。絶対に忘れない』と思ってはいるものの…。いざ取り出す段になるとあちこち探したり、あわてて入れた時なんか最悪で、全部ひっくり返すようなことに…。

 それで今回の冬の旅行はデザインも冬仕様ではなかったこともあって簡単なバッグを持っていきました。

先々週、府中ソレイユに行った時、いつも寄るかばん屋さんが改装前のセールをやっていて、コーチバッグが3割~5割引きでした。
 ブランドには関心はあまり無いのだけど、コーチはなんとなく可愛くて好きなので…。心が揺れ動き、駐車場にいったん行ったものの「もう一度行って、在ったら買おう」と引き返したのですが、すでに売れた後でした。

 気になると気になるので、行く予定も無いのに、旅行に行く時のカバンがほしくなり、ネットで色々探していました。

 条件は
*斜めがけのできるショルダー
*外にもポケットがある
*気に入る(当たり前か)

この2週間、ネット検索の第一テーマがバック探しでした。

結局、ブランドとしては
B-stuff、cuir jouer cubeのものがいいかな~~~と。


と、と、と、前置きが長くなったけど、
結局 B-stuffのカバンを買ったのですよ。
このメーカー、ホームページではちっとも詳細がわからず、しかも福岡の展示店もサイトがなくなったみたいだし。
山口のOZや光のイケオカには取り扱いがあるらしいので…


朝からイケオカまで。
20100206-1



丁度私の心をそそる斜めがけショルダーがあって、店員さんがまた別のところから出してくれて…。
ひとつは、小物が入る大きさのもの。両脇にポケットがあって、携帯・カメラなどが入りそうです。
また、背面にもファスナーつきポケットがあるので、ここにチケット・旅券をいれればいいな~と。
20100206-2


もうひとつはちょっと大き目のもの。
マップ本もしっかり入る大きさ。
 これも背面に丁度よい大きさのファスナー付きポケットがあります。
20100206-3


私のB-stuffコレクションがまた増えました。

 当分、カバンは探しません…
 (ホントか!!)

 毎年2月に実家から小包が届きます。
例年 「浜焼き」のことが多いのですが、今年はお正月にもらったので別のものでした。

蒜山ヨーグルト(10個いり)
クリームチーズ6ピース2つ
松前漬け
鯨の竜田揚げ
賀茂鶴 立春絞り酒
イカシュウマイ12個
ロールケーキ

これが段ボールに入って届きました。
蒜山ヨーグルトは食べきれないのでおじさんちにおすそ分け。


いつまでたってもありがたいです。
感謝、感謝。

管理人

Author:管理人
元々のめり込みやすい性格ですが、ここ数年のマイブームは「韓国」。
 でも、ここには韓国ネタ以外の여러가지(色々)を書きます。

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。