2010 / 10
≪ 2010 / 09 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2010 / 11 ≫

職場の花壇へ、菜の花を植えつけようとしましたが、断念。

徒長してしまって、苗床から離そうとするたびに プチプチと柔らかい茎が 折れたり、もつれたり…。

一つ一つ植えるのはあきらめました。



~出かける予定でしたが、それもなくなり…。

何もしない、日曜日は いつものことながら 引きこもりです。

そして、明日から、11月です。

元職場のイベントの手伝いに 行きました。

 一年がたつのが本当に早いな~~~って感じます。

その場所で、感じる空気感が 本当に去年までと同じ感覚でした。

(ま、出会った人たちも「全然違和感を感じない」と 言ってくれる人が多かったのですが)

今年はインフルエンザ騒動もなく、いろんなイベントが実行できて、本当に 安心しています。


外の立場から、見てみると、いろんなことを感じますが、なんにせよ、『こうだったらいいな~』と思うことのベストではなくても、少しでも踏み出してみることが 必要なんだと 痛感しました。

 
夜、2次会ではないですが、近い人とコーヒーを飲みにゆき、そんなことを いろいろ話しました。

3時半~職場の花壇の植え付けを10人くらいで20分間。
4時15分~研修。不祥事の後始末。みんながそんなことにならないよう。
その後、4週間続いた研修生のお別れ会。
これらが勤務時間内に…、ってとても無理。

先日、上部組織からの視察があったけど、「勤務の回復を目指す」といううちの職場の上司の数値目標設定に、「こういうのは100%が当然で、こういう目標設定自体、おかしい」などと 『指導』があったそうだけど。

どだい、無理な話です。

積もり積もった 超過時間は、どこにも持っていきようがありませんもの。

~そんな上でも みんな にこにこ頑張っています。

私たちの市では「燃やせないごみ」の収集方が11月から 変わります。
ブラスチックなどの包装ごみがリサイクルされるためなのだけど、これが なかなか大変。

たいていの物が 「プラ」のリサイクルごみですが、ややこしいのがお土産品。
意外に小さい店で作られているものが 多く、紙があり、乾燥剤があり、外装があり…。

韓国で買って帰ったインスタントコーヒー。
「other」とあって、循環マークに囲まれてはいるものの…。
분리배출…分離排出だそうだけど、これって 何なのかな~~??

とにかく、私はまあ、なんとかがんばれそうだけど、義母はすでにお手上げ状態。
お年寄りには大変だろうな~~。

マークをもう少しわかりやすく表示してあげてほしいなぁ

サツマイモ

今年は茎がバンバン育ってて。
その茎を捨てるのはもったいない…
と、ちょっと 炒め煮。

でも あとで後悔。
適当な茎を選んで、適当に切ったものだから、大きさ太さがまちまち。

で、煮る時も味が染みたのも、まだ染みてないのも まちまち。

でも、ま、いいか。

なんだか 懐かしい味です。

いきなり 寒い!!
お天気は晴れているのに 風がとても冷たく…。
開けた窓からは冷風が吹き込む。

まだまだ毛糸系のものは出してないから 

夕方 帰りにショッピングモールへ行って、メガネの修理をしたついでに 冬物系を見たけれど…
なんだか ぴんと来ないし。
職場が変わって、何を着て行ってよいのか もう少し 様子見だな

 その時、その時の善意のつもりでも、後々から振り返るとおかしな話になってしまうこともあり、

本当に気をつけなくちゃ、と思うことがある。

そんな経験は、この年になると 山(どころが山脈並みに)積みである。

特に私は 10年以上も前までは 熱心に 某活動を続けていた。
その時、いろんな意味で敵対する人も作り、無理強いし、そのことで周りの人に たくさん嫌な思いをさせた。

最悪なことに 私がそれをやめるにあたって、その当時の仲間とは お互い『裏切られ』感があって、当時、本当に傷ついた。
仲間だと思っていた人たちから、信じられない仕打ちを受けた。
(でも、それは 私が一方的に悪いのではなく、同じように続いた人も 周りにはたくさんいた)
そんな『裏切られ』感があるものだから、それ以来、同じ職場で働くことが生じていても、 すれ違うことさえ、嫌になってしまっていた。基本的に 何を言っても 信じられない。許せない。


某活動から 抜けて、肩の力もぬけ、楽に生きられている。
考えてみれば、自分の中の奥底には それらに納得していない自分があったのかもしれない。


話は元に戻って…
先週の金曜日、ある研修会に行った。
そこで現主任から「今年から私が主任になった。昨年度までの方法と、ガラッと変えた」と(その主任にしては)喜ばしい成果?の報告があった。
う~~ん、それって、昨年まで彼女と一緒に働いていた元主任にしてみれば、立場はないな…と。

「物は言いよう」…。
よく言ったものだ。

それに、その時、その時、善意だと思っていることでも 両刃の剣であることもある。
だけど、言葉はまだ ましかも。
消えてなくなるから。

ちなみに…
私は その某活動を抜けるときにしたためた手紙、ずいぶん長いこと自分への戒めのために ファイルを残していた。
たぶん、今も 探せばどこかにあるはず。
そんな、こんなも ずいぶん過去になっているはずなのに。

だから、なんでも「捨てられないのだ」

~あ~あ、こんなことをここで 今さらつぶやくことすら、しつこい。




勤務先の地域のお祭りへのボランティア出勤の予定が、雨のため、行事縮小になり、行かなくても良いことに…。

ビデオ編集を一つしただけの またまた 何もしない日曜日になってしまった。

前回、リッピングまではブログに書いていたものの、その後の処理は書いてなかったので、方法を忘れてて…

「File」で取り込み、取り込んだファイルの拡張子を変更するだけで OKだったのだ。


PhotoShifterというフリーソフトなら、画像の一括リサイズとネーム入れが同時にできそう。

私は画像のリサイズには「縮小専用」をいつも使っていて、ネーム入れはまた別のソフトを使っているものの…

これなら二つの作業が同時にできそう。

高さそろえ・幅揃えも どちらかが可能のようです。

元職場へ。
友人のビデオ編集を手伝いに。

Video Studio に静止画像を入れたとき、画像が荒くなるのが何とかならないか…というものだったけど。

メイントラックに 合成した静止画像を置くことで、見た目的には何とか処理するにして…。

それにしても トリミングした画像に統一感を持たせるのに、簡単で手っ取り早いソフトはないものかと…。

ソフトがあっても、画像編集のそもそもがわかっていないので、何をどう操作してよいやらわからない

研究の余地あり。


お昼ご飯を ごちそうになり…。
感謝!



午後から研修の出張で。
夕方時間が空きそうだったので、CREAM CREMEにより、ケーキを仕入れ、校区内の友人宅へ。
久々の訪問。

買ったケーキは「和栗のモンブラン」
今、栗の時期ですよね~。「和栗」とみて、なんだかおいしそうな感じがしませんか!
実においしゅうございました。

友人宅に行くのはしばらくぶりだけど、ご主人を亡くしてまだ時間のないころは自己啓発本がうずたかく積まれていたけど…。
8月下旬ころから、家の整理をはじめ出し…。

かなりの模様替えを敢行していました。
ナチュラルフレンチに模様替えするんだ!と 大ハッスル。
それに、今度 市のごみ出し制度が変わるから、それまでに燃えないごみの大処分をしているのだとか…。

「あんなにあった自己啓発本、かなりの量はブックオフで売っちゃった!」とか言っていました。

それに圧力鍋料理にもはまっているとか。

ちょっと、安心。
食べることに 向き合ってくれているほうが嬉しいです。

私も彼女のところに行くときは、何かしらおいしいもの(自分が食べたいもの)を持っていくので…ふふふ~!!

11月13日、広島でのドリカムのチケット。
早々と抽選に申し込んで、席は確保できていたのだけど。

どうも最近感じるのは、ここのサイトで確保すると、席がいまいち…。

まあ、アリーナコンサートで2日間もあるので、まさか早急にSold outってことはなかったでしょうが…。

ずっと先だと思ってたけど、もう1か月を切ったのですね~~~。

父の誕生日でした。

毎年、何もしないで 電話のみの親不孝。

お昼に母と回転ずしを食べに行ったとのこと。

夕方電話をしたら 「以前の職場仲間たちと 岡山の勝山に旅行に行く計画が出たので インターネットで調べているんだけど…」「歩くところが多いから 行くまいか と思ってる」とのこと。

肺の機能と心臓と 両方が悪いので、だんだん長い距離の歩行が 辛くなっているのだろう。

ほんと、何もしてあげられなくて、申し訳ない

それなのに インターネットをつないでもらって、助かってる、なんて逆にお礼を言われたりして。

子ども孝行な両親に、感謝のことばしかない。

ばあちゃんの育てたサツマイモ。
少し掘り出されていました。

あんなにも猛暑で、お水のない日々が続いたのに、今年のお芋は掘りたてでも 甘くておいしいです。

お芋さん、よくがんばったね~!!

改めて、水のない土地でも育ち、重宝されたサツマイモの歴史を思い出しました。

サツマイモの料理って あんまり思いつかないけれど、家族の不評をかうようなメニューに取り入れて、しっかり食べたいと思います。
 ちなみに…今日は 大量にシチューに放り込みました。

今日は すっかり肌寒く、さすがに窓を開ける面積も狭くなってきました。
夕方も あっという間に暗くなってしまっています。

職場を出るのが6時半頃でしたが、その時間になっても まだ大半の人が居残り中です。

~でも 誰も 辛そうには話さないし、まだまだ元気っぽいです。
みんな頑張ります。



なんだか、中国となかなかうまくいきませんね…。
私は数年前から韓国にはまり、中国に行ってみたい、とか思わなくなってしまっていますが…。
NHKで西太后のドラマが始まるようですが、タイミングが悪すぎますね~。

以前は世界の未来は宗教戦争か…と思っていましたが、それだけでもなさそうです。
ものすごい人数の人々の心をたきつけておいて、いまさら収めきれるのでしょうか。
不安だな~~~。

ボランティアでやっている人たちが、今度スポーツのサークルを作りたい、ということで小中学校にも案内を出すことに。

近くで持って回れるところには配達して回りました。
小学校…8校 中学校…4校

いろんな学校の「玄関」風景があって 面白いです。
やっぱ、玄関回りが 花でにぎわっているところは 素敵だな、と思ってしまいます。

追加で13日にまいた「菜の花」は、16日(土曜日)にはニョキニョキと発芽し、今日はすでに徒長した様子すら見せてくれています。

なのに…
パンジーは一向に発芽の気配なし。
…だめなのかな…。

16日(金曜日)は徳永英明のコンサートに行ってきました。
2年前の10月にも 彼のコンサートに行っています

チケットも なんやかやで友人と合わせて8枚入手できたので、元職場の友人たちと娘とで行ってきました。

何のコンサートに行ってもたいていそう思うのですが、生のコンサートが本当に、本当に、よいと思います。
この徳永英明のコンサートもそうでした。

歌の息遣いや声量や その時の雰囲気など…。これは 本当に一期一会ですね。

周南市文化会館、ってところはバブル絶頂期の頃たてられたようで、とても贅沢な造りがしてあり、音楽を演奏する側にとっては素晴らしいホールだそうです。
一度、バックステージスアーのようなものがあり、舞台上から客席を見たのですが、最後尾の列も間近に感じられるような不思議なホールです。
音響もとてもいいようです。

…で、彼が「壊れかけのRadio」を みんなと一緒にうたおう、ということで、みんなうたったのですが、その歌声は 徳永さんにはどのように聞かれたでしょうかね。
これぞ、歌手冥利~って 感じですよね。

今回も 私的には彼の持ち歌のほうが好きだな、って思います。
隣の娘にその話をすると、「どの曲が持ち歌か 知らない」と言われてしまいました。


本当に「ボーカリスト」だと思います。



そのあと、みんなで近くのお店へ。
他愛のないおしゃべりをして、楽しくておいしい時間を過ごしました。

コンサートに行って、素敵な時間を過ごして、おいしいものを楽しい友人たちと過ごす…
めちゃくちゃ贅沢なことができて、幸せですね。

 山口県のエコ活動「ノーマイカーデー」とかで。
職場で事前に、どうやってこの日通勤してくるか、って調査があり。
「雨じゃなかったら 自転車」って書いていたのですが。

よく考えれば、夕方はコンサート。
ならば、と娘に通勤途中に降ろしてもらい、コンサートまでの移動は元の職場の同僚に頼みました。

都会で、交通機関が発達していたら「ノーマイカーデー」もよいのでしょうが、田舎は無理ですって。

 今日はさすがに気になって、お昼にネットで確認しました。
33人目が 生還した、とあったので 全員無事 救出されたんだ!っと ちょっとうれしくなりました。

最近の日本のニュースといえば、お互いの政権の揚げ足取りばかりで。
支持率もいくらポイントが落ちた…という報道の繰り返し。

こんなことで、政権が変わり続けて、政治が落ち着かず、挙句は思い切った政治もできなくて。
ばたばたと大臣の入れ代わりばかり。
そんなことしてる場合じゃないのに。

批判ができるのはとても良いことだけど、批判に明け暮れるより、「英知」を結集して 何かを打開する強力なエネルギーが作り出せないものなのか。

悲しくなってしまう。

何はともあれ、科学の色々な力も人命救助に結集できてよかったと思います。


朝、昼ごろから救出が始まる、というニュースを聞きながら、無事救出ができることを祈って職場に入りました。

仕事が終わって、車に乗り込んで…。
テレビから救出が始まり、無事数名が救出できたことを知りました。

まだまだ最後の人までは時間がかかりそうです。

この落盤事故に巻き込まれた人たちの 集団で物事を解決する力って本当にすごいと思います。
生存が伝わるまでの数日の間の過ごし方もすごいし、その後の救出を待つまでの 長い長い時間、集団であの狭い空間で 今日まで乗り切ったというのも本当にすごすぎます。

それらには 最近の世界中のハイテクの力の結集があったのかもしれません。
NASAの協力や、テレビ通信が可能だったこと、…等々 色々今後の教訓になるような英知が集合したのかもしれません。
カプセルに乗り込むのも私だったら「健康不安の人を先に」と考えてしまうところですが、そうではなく、地中に詳しいベテランをのりこませ、軌道の確認をさせながら上がらせていく、ってのも 『なるほど!』と感心してしまいました。

~しかし、なんといっても 大事なのは「人の力」です。
そこで 乗りきった人たちの力。精神力。

私はチリの文化性については全く知らないところですが、すばらしい・すごい、の言葉につきます。
今の日本人だったらどうでしょう…。
これらが乗り切られる世代は一握りかもしれません…

こんな美談に
事故の救出劇の間に愛人が名乗り出て、地上で妻と愛人がまち、
「出てきても地獄」という ユーモラスな表現がでてきたのも、救出が現実となって少し気持ちに余裕が出てきていることの現れかもしれませんね。

何はともあれ、33人目に総指揮をとってきた監督が上がってくるそうです。
最後の一人まで、無事 救出できますように。
地球の裏側で頑張っている人たちの 幸運を祈るばかりです。

200個植えられるセル苗箱を追加購入に。

最近は夕方、即 暗くなるので、買い物をしていてお店から出るとすでに外は真っ暗になっています。
せっかくホームセンターに行ったので、花苗など見たいな…と思っても なかなか見られません。

涼しいのに、昨日植えた苗に水遣りをしようとして、ちょっと体の動きを止めたとたん、蚊の襲撃。
蚊もこの時期頑張っています。
蚊取り線香も欠かせません…。

こうして夏の名残をのこし、いつの間にか秋は深まるのでしょうね…。

今さら、って感じらしい。
春先の花の苗は8月下旬~9月上旬に撒くのが 常識らしい。

私なんか「種まきは秋分の日ころ」って勝手に思い込んでいました。

9月上旬に撒いた職場の花達。
元気よく芽を出したものもあれば、そうでないものもあり…。

色々調べると むくむく興味がわくのが私の悪い癖。

遅いのは わかっていても、一応挑戦。

早速セル苗・種まき用土・フルイ・霧吹き・…などを購入して、形から入ります。
(こんなことで、どれだけ散財しているか…)

セル苗は200個入りのもの。
5個に土を入れ、パンジー・ビオラ・クレサンセマム…などなど。

*種まき用土はタキイの「たねまき培土」を使い、先に水を混ぜて程よい硬さにしておく
 (ふわふわ過ぎて、後から水を撒くと、種ごと流されてしまう…)
*セルに入れた後、セルを少し高いところから落とし、土を落ち着かせる。
20101011-2

*爪楊枝の先をちょっと湿らせ、種を拾う。
*パンジーなどは光を好むので 覆土は薄く。
*撒き終わったら、霧吹きで水をスプレー(あるいは下から吸水)させ、乾かないようにする。

~さて、最近は25度以下の日々が続くので秋撒きの種にはよいようです。
どのくらいの確立で 芽が出るかしら…。

20101011-3
このセル一つに爪楊枝の先ほどの 種が一つずつ…。
ちなみに本日まいた種の数…600…
疲れた…。
(幸い、このくらいの種の大きさなら、裸眼で見られるので、そう辛くはなかったけど、姿勢が…。)

まだまだ たくさんの種をまく予定。
20101011-1

3連休の中日。一度実家へ行ってみようと。

「行くから」と連絡をしていくと、『今か。』『いつか』と 心配してしまうので、何の連絡もせず、途中、あと1時間くらいに近づいて電話をするけれど、…今度は 連絡がつかず、留守だと入れないので、途中 府中ソレイユによることにする。
 店内に入ったとたん、連絡がつき。
娘はばあちゃん達と外食に行くのが楽しみにしてたけどその計画は無し、ということになり2時間ほどソレイユで買い物をしてから 実家に向かう。

途中「西条IC混雑」の文字。
そういえば「酒まつり」の最中で、お出かけの人も多いのだろうと、手前の志和ICで降りて。
おぼろげな記憶をたどって(ものすごい昔、一度通ったことがあるかも…)志和東~志和堀を抜け…

広かった道も急に狭くなり…
これって私のよくやる山道ドライブのパターン??(この罠に、何度怖い目にあっていることか)とおびえたけど、途中に見慣れた看板を目にして、福富に抜けることができ、一安心。
(本当なら、アイスクリームでも買いに寄りたかったけど…、すでにガソリンは赤マーク。ヤバイ!)

 混雑した道をドライブするより コスモスや彼岸花の咲く中を走る方が はるかに気持ちが良かったです。
私はやっぱり 山人間のようです。

ばあちゃんは 早速に夕ご飯の心配をしてくれ、娘はばあちゃんご飯大好き人間なので…。
冷蔵庫にあるものでシーフードカレーと酢の物、レンコンの揚げ煮を作ってくれます。カレーにしてもリンゴも入っているし、ちょっと手間をかけてくれ、「美味しい」「美味しい」と 私を横目で眺めつつ、娘は大喜び。
(私が家にいる頃は忙しくって 手抜き連続だったんだから…って言いたいのは我慢して…しつこい私)

滞在時間、数時間ですが、何をするでなく、ついおしゃべりをして。
父も 届いたディアゴスティーニのプラ模型と格闘中、晩御飯をいただいて、早めの帰途に着きました。

朝のNHKのニュースで「赤とんぼ」がある農薬の影響で 姿を消しつつある、というのを聞いてそういえば、私のすんでいるところも そうだ…なんて 思っていたのですが、ここではたくさんの赤とんぼを目にして一安心。

(わが実家の庭です。携帯カメラの撮影で、ボケボケ)
20100110-2
管理も大変なので、荒れていますが。


車に乗る前、見事な上弦の月。
20100110-1

帰りも広島東インターまで、かなりのノロノロ運転でした。



ソレイユ~実家って、先月もあったような…。
じいちゃんたちも一緒に買い物に連れて行きたいけど、なかなか…です。

五嶋龍のドキュメンタリーがあると番組案内では聞いていたものの、録画をせず…
たまたまチャンネルを代えている途中に番組に気づき、即録画。

やっぱり、すごい大人になっていました。
まだ小さい頃、1年に1回くらいどこかのテレビ局が特番を組んで、彼の成長を追いかけていたような気がします。
私もずいぶん昔、「神童」という彼の成長にまつわる話の本を買って読んだ記憶があります。

彼はやっぱり すごい大人になっていました。
バイオリンもすごいけれど、「どんなものでも手に入れられる人になりたい。形のあるものも、無いものも」
「それは 愛だったり、服だったり、髪型だったり、空手の腕前だったり、音楽だったり…」「欲が無いとダメってことでしょうね」…と口にしていたけれど、そのための努力が本当にきちんとできていることが 感心してしまう。
 辛い努力のように思わせられない。

カーネギーホールでのすばらしい演奏会の後のインタビューで、演奏している間、演奏に集中しなければいけないんだろうけど、(僕の演奏会のために)姉も来てくれた、父も来てくれた、友人達も来てくれた…いろんな人に感謝の言葉しかない…と言ってのける21歳のハーバード大生の龍くんに、
本当に、ここにも 信じられないほどすばらしい若者がいると  感激してしまいました。

そして、いつか、彼の生演奏を聴いてみたい、という新たな夢も生まれました。

やっぱり、連休初日は何もしない、引きこもりの一日になりました。
お天気も あいにくだったから。

夕方、出かけようと 階段を下りる途中 足を滑らせ 3段落下。

イテテ。

足が滑ったのではなく、靴下のせい。

でも 気をつけなくちゃ…。

腕と腰の下を打っただけですんだけど…。

きっと これ、あさってくらいから痛くなるんだろうな~と。
やれやれ。

昨日の好天と打って変わって、朝から小雨で…
おまけに 風も冷たく、
「ああ、本当に 秋が来たんだな…」ということを 実感させられます。

~とは言っても、明日から10月の3連休。

山積みの仕事を「週末に…」と 先延ばししてきたけれど、もうこれ以上 延ばせず、がけっぷち。

さ、だらだら連休になりませんように…。

ドコモでもサムスン製のスマートフォンが発売される、とニュースで聞きました。
「液晶がきれい」と 手にした人たちのコメントでした。

私も韓国製の携帯には興味津々。
ソウルで現地の子が使っていた携帯、とても便利だったんですもの!

早速調べてみたのですが、残念ながら「スマートフォン」自体、私の携帯ユースのスタイルではないみたいです。
普通のFOMAでもサムスン製が参入してくれると面白いのですが…。

今使っているのはLG製。
途中、メールの送受信の不具合があり、アップデートをしましたが…。
なんといっても、ぼこぼこ落としても 傷がついたり、塗装がはげたりしない…。
液晶の部分の傷も殆どありません。
丈夫なところは 感心しています。

これまでの携帯は1年以上もたつと、塗装がはげたりボコボコしたりするのが目立っていましたから。

アプリもいらないし、着うたフルもいらない…。
カメラとメールとiモードさえあれば良い。
文字入力が簡単になって、数字が独立していたらいいのにな~。

…でも、今の携帯、お財布ケータイでないのがちょっと不便。
落としてからのことを心配しないですむから、ま、いいかな??

6月に1回目の申請をして、今度は冬季の講習のための申し込み。
ネット環境の無い人に許可を得て、申請しました。
前回1時間以上苦労したのですが、今回は一度入れたところで一つの講座が予約できました。

マジで、こういう申請方法もどうにかしてあげて欲しいです。
こんなことしてたら、先生達、申請開始の朝は休暇でもとってないと、申し込みできません。

みんなお利口に苦情も言わないから、放置されているのかな…。

 もっぱら韓ドラ視聴の日々(といっても 日常的に日本のドラマを見なくなっただけ。録画したものを、ちょぼちょぼ見ているだけです)ですが、それ以外に見ているのがCSIの3シリーズと 『ヴェロニカ・マーズ』。
 9月上旬から、月~金1話ずつの連続放送しているのを ボチボチ見ています。

これまで、欠けたところを見ていたので、複雑な人間関係、事件の伏線がわからなかったけど、今回良くわかりました。
 毎回、よく作られているな~と思って感心しています。
一気にシーズン3まで行くので、長いこと楽しめそうです。

パソコンのソフト「楽しい脳トレ」を買ってみました。
「一日3分の音読であなたの脳は活性化」とうたわれています。

売り出しの頃は8000円近くしたみたいですが、現在Amazonではマイク付きヘッドフォンもついて、3480円。

読み上げ文もいくつか用意されていて、音読・速読のほか、自分の音声を認識させて採点させるカラオケシステムのようなものもあり、他にもゲームあり…と、結構楽しめます。

自分でここまで作るのはとても面倒だけど、このお値段でこの機能なら 大満足。

何より 音読のタイムが出るだけでも 向上心をそそりそうです。

楽しい脳トレ 監修版楽しい脳トレ 監修版
(2006/04/21)
Windows XP

商品詳細を見る

朝…職場の水遣りに。
少ししか離れていないのに、雨がかなり降ったようで、中止。

いったん戻って 近所へ買い物に。
近くのモールで
秋冬用の出歩き靴…運動靴に近いもの。履きなれた靴が 履きつぶしたため、破れたので。
無印良品で秋用のシャツ&ハイネックセーター。
電気店で…職場のパソコン用に雷サージ&マグネットのついた電源タップ。こんなものが一つもない。
文具店で、修正テープ、マグネットシート…等々。

そして帰りに食材の店に寄り…。
ここは業者さん御用達のようなお店で。
先日 冷凍していたおはぎの残りご飯があるので、餡を買い、国産の山芋トロロ パック入り(冷凍)、お昼用の冷凍うどん…などを買って帰りました。
この手の店は、注意しないと「中国産」の物が多いのでチェックが必要です。



お昼に残ったご飯と餡でおはぎを作りましたが…。
やっぱ、小豆から煮て作る方が私は好きですね。

稲刈り1回目
…といっても、近所の人にお願いしているので、少し手伝うだけです。
以前は親戚総出で稲を全部「はぜがけ」していましたが、最近はしていません。
1回目、ってのは 我が家の目の前の田んぼを一枚終わらせただけだからです。
そこは 今年は全部もち米です。
こんなにもち米を植えている人はいないかも…。
近所の人が驚いていましたが…。

うちは近くの八幡様(小さいお社です)のお祭にもち米をどーんと寄付するし、地域のバザー用に販売するし…。
あまれば あちこち小売します。

意外にもち米の行き先は多いのです。

私は余り農作業を手伝いません。今日もちょこっと手伝いました。
まだまだ 元気な義母の出番です。

2回目以降は、頼んでいる近所の人がたくさんの家のを請け負われているので、そのスケジュールしだいです。
たぶん、平日に行われるでしょう…。

栗ご飯
大粒の栗が手に入ったので…。
娘は「渋皮煮にして」と言ったのですが、微妙に虫の後があるのと、量も中途半端なので、半分の量を栗ご飯にしました。

さんま
今回はから揚げです。
高い、といわれていたけれど、意外に安値でした。

秋ですね。

管理人

Author:管理人
元々のめり込みやすい性格ですが、ここ数年のマイブームは「韓国」。
 でも、ここには韓国ネタ以外の여러가지(色々)を書きます。

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -