2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根報告

2日目

朝ごはん
P1080144.jpg
ね、残念でしょ。
これにうす~いお味噌汁。
ご飯は自分たちでよそっていただきました。
合宿かよ!


2日目は、車が多いので、混雑したところは通りたくなく。。。
箱根新道なら、すいているだろう、と、そちら方面に行くことにしました。

で、芦ノ湖方面に向かい。
まず最初に、箱根関所あと。

車を降りた途端、「さむ!!!!」
初夏仕様の二人には、びっくりの寒さだったようです。
おまけに霧も徐々に濃くなり。。。

見ている間に、小雨も降り出して、私だけが車を取りに行って持ってこようとしてたら。。
娘から「駐車券私が持ってる!」との連絡。
追いかけてきた彼女のほうが、雨にあたられました。。

それから、箱根駅伝記念館へ。
駐車場があるのですが、芦ノ湖観光の人とも共有で、満車でした。
人が多い!!!
芦ノ湖も、霧が濃くて、せっかくの海賊船?に乗っても何も見えないようでした。
しかも、サイレンが鳴ってたから、前が見えないので、運航中止になってたかも???

ちょうど出庫の車があり、そこに停めて、館内に入りました。
娘はミーハーぶりを発揮して、スタート・ゴールの写真をうれしそうにとってました。
~、とするとほかの人も同じようなことしてたので、『日本人、っておんなじなんだな~』

それから箱根新道で箱根湯本に。
箱根湯本駅には荷物を預けるところがあるので、そこにトランクを預けて、観光することにしました。
箱根新道はとてもすいていました。ドライブした詳細をアップしてる人がいたので、お借りします。
ブレーキ故障の車が入るレーン、怖すぎます。
以前行ったときは、「ターンパイク」という、真っすぐな道を降りたので、それに比べれば、まあ、楽しかったです。

ここから、旧道に少し合流するのですが、そこまでは快適なドライブでした。
湯本に行くにはまた、少し下り(箱根方面)ます。
そこは、相変わらず大渋滞。
大涌谷のニュースなど、関係ない!って感じでした。

彼女らと、荷物を湯本駅近くで預けて、車を返しました。
早く返したから、と、差額5000円強もらい!!
ラッキーでした!。

川に架かる橋。
風が心地よかったです。

ここから、湯本観光。


fc2_2015-05-04_22-10-45-942.jpg
商店街の両脇はたくさんの人混み。
箱根の商店街って、どこもたくさん試食があります。
まるで、デパ地下くらい。
気前がいいです。

海のもの、山のもの、スイーツ、、、、おなか一杯になりそう!

車列の切れ間もありません。
fc2_2015-05-04_22-10-10-660.jpg

カレーが食べたい!!って韓国から来た子のリクエストでしたが、
うどんやどんぶりのあるお店に入って。
彼女はカレーうどん、ほかは天丼とか、うどん系にしました。
人気のお蕎麦屋さんには長蛇の列ができていました。



そんなこんなで3時前には、湯本駅に行き、彼女たちはロマンスカーで東京へ、私たちは小田原駅に向かいました。

買っていた切符は18時過ぎのものだったので、2時間早い便に空席があったので、小田原でショッピング、というもくろみの娘の気持ちを振り切って、それに乗って帰りました。

名古屋駅で乗り換えが30分以上あったのですが、待合室にスタバがあって、空席も出て、ラッキー。
そして、美味しそうなお弁当も買って、のぞみに乗り込みました。
fc2_2015-05-09_11-37-04-801.jpg



あれ以来、箱根の火山噴火のニュースが連日放送されています。
関東地方の人にとっては、箱根はすごく人気の休養地だということがよくわかりました。
私たちにとって、九州であるように。。。

人が多すぎて、観光もままならなかったので、また、ゆっくり行く機会があれば(安いとき)と思います。。。





この記事へコメントする















管理人

Author:管理人
元々のめり込みやすい性格ですが、ここ数年のマイブームは「韓国」。
 でも、ここには韓国ネタ以外の여러가지(色々)を書きます。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。